立川で鍵の交換をお願いしたら映画館へ

立川のシネコンで観たい映画が何本かあったので、
休みの日にまとめて観に行こうと計画していました。
鍵の交換の手配をしないといけなかったので、
立川の鍵屋さんに寄って行くことに。
鍵の交換の日程を決めてからお待ちかねの映画館へ行きました。
大きなスクリーンでないと意味のない映画だったので大満足です。
こうやって用事も済ませてから映画鑑賞すると満足感もひとしおなんです。
映画の感想は後日にします。

今、おススメの映画を何でも屋さんに聞いた

普段仕事が忙しく映画館には足を運べないので、
自宅でゆっくり観ようと思ったのですが、
どれを観たらいいか迷ってしまったので何でも屋さんにおススメの映画を聞きました。
すすめられたのは「ミッション・インポッシブル」シリーズでした。
トム・クルーズをはじめとした個性豊かな敏腕エージェントが、
難攻不落な建物や絶対不可能な命令をギリギリでこなしていく様子がスリリングであり、
成功したときの「やった!」という達成感がカタルシスを生んでたまらないそうです。
私もそのシリーズの名前だけは知っていましたが、観たことがありませんでした。
トム・クルーズも随分いい歳になったはずですが、
昔と変わらない激しいアクションとかっこいい立ち回りに爽快感が増しました。

豊胸してたらしい

彼氏とある映画を鑑賞しに映画館に行ったときのことです。
わりと女優陣が豪華なこともあり、彼氏は私そっちのけで
華やかな女優さんに夢中になっていました。
ただ、映画自体もすごくよい作品だったので目をつむっていましたが、
ある女優さんの胸を見てちょっと不自然さを感じたんですよね。
自宅に帰ってから検索をしてみると、どうやら豊胸をしていたらしい、
ということが噂レベルですがわかりました。
本人が公言していたわけでもないので下衆の勘繰りかもしれませんが、
やっぱり胸があると洋服を着ても様になりますね。
とくに、私のように胸にコンプレックスがある女性にとっては、
豊胸はできそうでもなかなか手が届かない、という感想なのでした。

度ありのカラコンなら映画も見れるか。。。

度ありのカラコンなら、映画もはっきり見ることができます。
ただし、今現在は乱視矯正のカラコンは無いので、乱視が強くない人に限ります。
また、通常の透明のレンズに比べカラコンは強度近視や遠視の度数範囲が少ないため、
そのような人達もカラコンでは映画をはっきり見ることができないかもしれません。

よく度なしのカラコンをおしゃれ目的でする人は多いですが、
映画をはっきり見るためにはしっかりとした矯正が必要になります。
理想的なのは、眼科で自分の目の度数を測ってもらい、
目に異常がないことを確認した上で度ありのカラコンを合わせて使用するのが良いと思います。
そうすれば、映画も前のほうの席に座らずともクリアに見ることができるでしょう。

東大生に家庭教師の個人契約をお願いした

小さい頃から映画好きな親の影響で、映画ばかりを見てきました。
中学生になると一人で映画館に通うようになり、
将来は映画に関する仕事に就職したいと考えるようになりました。
しかし映画にばかり夢中になっていたため、学校の勉強がおろそかになってしまい、
気づけば成績は後ろから数えたほうが早いような順位になってしまいました。
親からは映画関係の仕事に就くにしても、
高校や大学は卒業しておいたほうが良いと言われたので、真剣に勉強に取り組むことにしました。
しかし自分だけで勉強するには限界があるので
東大生に家庭教師の個人契約をお願いすることにしました。
家庭教師の先生は頭が良いだけでなく、教え方も上手で、
自分でもびっくりするくらい成績が上がりました。

映画の見すぎで頸椎症に・・・治療しよう

私は元から映画が大好きで自他ともに認める映画ファンです。
自宅で鑑賞するにしても最適な環境を整えるためのホームシアターは完備しています。
ただ、やっぱり最新作を見るのであれば映画館がベストですから、
度々映画館に訪れる生活をしていました。
ただ、映画好きがたたってしまって頸椎症になってしまったんですよね。
こればっかりは仕方ないと諦めていたのですが、
最近症状が辛くなってきたので頸椎症治療を受けることにしました。
インターネットで評判のよい医療機関を見つけて、
電話で診察してもらえるか問い合わせてみたのです。
治療を受けるにあたって大切なのはスタッフがいかに信頼できるかどうかにかかっているので、
早めに対処ができて本当によかったです。

映画を見てダイビングスクールを神奈川で確認。

「白鯨との闘い」を観てきました。
1820年に実際に起きた、アメリカ捕鯨船エセックス号の悲劇を描いた小説、
「復讐する海―捕鯨船エセックス号の悲劇」を映画化したもの。
いやー映像は圧巻でした。ネタバレするつもりはないので、是非!
これは是非映画館で巨大な鯨を体感してきて下さい。
これは映画好きの友人と一緒に観に行ったのですが、
友人は翌日ダイビングスクールを神奈川(友人の地元)で探したそうです。
いや、友人よ、泳げないのは知っているが、それよりもまず海に出ることがないので、
ダイバーの資格大丈夫だろう、落ち着けと言っておきました(笑)

水道屋の求人を探している友人と

映画は一人で観る派ですか?誰かと観に行きたい派ですか?私は両方です!
映画の内容によるんですよね。
シリーズ化されているものは一度一緒に行った友人と示し合わせて観に行ったりもします。
先日はとある洋画の続編を友人と観に行ってきました。
感想はのちほどまとめますのでしばらくお待ちください。
いつもは休みが合わないことが多い友人ですが、
ちょうど転職活動中だったので予定を合わせてくれました。
友人は水道屋の求人を探しているそうで、ちょっと手伝おうかなと思っています。

葬儀は僧侶派遣が済んでから

親戚が病気で亡くなり、週末にお通夜と葬儀がありました。
近くに住む親戚なので手伝いも積極的にしたのですが
葬儀と僧侶派遣については何が必要なのかなどを喪主と一緒に勉強させていただきました。
突然手配が必要になる場合も多いかと思いますので、しっかり学んでおこうと思います。
自分も家族に迷惑をかけないように考えておかないとなあ、としみじみ思いました。
観たい映画はありましたが、将来のためにしっかり手伝ってきました。

交通事故の後遺障害で悔しい思い。

いよいよスター・ウォーズ/フォースの覚醒が公開となりました!
おめでとうございます!!
映画ファンというより、長年のスター・ウォーズファンの友人は
エピソード4の公開時に交通事故の後遺障害で苦しんでいた時で、
映画館で観ることが出来ませんでした。
なので今回の公開は待ちに待っていたもの!
当然、ジャパンプレミアチケットで初日からスター・ウォーズ漬けになっております(笑)
私とも一緒に盛り上がりに映画館へ行く予定ですが、
彼はいったい何度映画館で観るつもりでしょうか(笑)

下着メーカーだったり、化粧品輸入だったりの映画やドラマ。

過去と今の映画及びドラマ事情を見ていると、ニッチな部門の取り上げ率の違いがあると思います。
日本では、昭和で任侠やヤクザものばかりだったりしたのに今では、
ヤクザはあっても全国公開されるものは数えるほどで、
聞いたこともない職業を取り上げた作品が多いですよね。
下着メーカーだったり、化粧品輸入だったりなどなど、
簡単にいえばネタ切れなんですが、実際ふたを開けて映画を見るとパターンが一緒だったりして、
ニッチな職業にしただけの過去の焼き回しなのですが、
入り口が違うと多くは違うように見えるみたいで、紋切り型で大ヒット何てことも。
ニッチになって中身が一緒と、同じようで中身が違う作品、皆さんはどちらがいいと思いますか?

ホワイトボードとか変なタイトルの映画でないかなぁ。

この時期に多いのが、ホワイト系の映画。
なんのことやら、と思うかもしれませんが、冬は「ホワイト」とつくものが
巷でも映画でも多いのです。
多くはホワイト=雪で、そのまま季節を表したもので、
雪=ホワイト=ホワイトチョコレートと連想ゲームになるものもあって、冬はホワイトの季節なのです。
一年を通じて映画を見ているので、一応というかなんというか季節ものは、
その期に1本はみるようにしています。…それが正直つまらなそうでも。
季節ものは、けっこうやっつけ感ありますからね。特に邦画で。
今年あたりは、ホワイトボードとか変なタイトルの映画でないかなぁ。洋画で。

古びた映画館の自動販売機設置コーナーは要チェックです

私が良く利用している映画館には、お菓子の自動販売機が設置されていて、
あまりコンビニでは見かけないような懐かしいお菓子が入っているので、
映画を見に行くたびにひそかに楽しみにしています。
地方に増えてきたシネコンスタイルの映画館で大きなカップに入った
キャラメル味のポップコーンをほおばるのも楽しいのですが、
昔ながらの少し薄汚れた映画館で、懐かしいお菓子を食べながらみる映画も、
リラックス出来て最高の気分転換になります。

毎月月末のルーティーンは電話鑑定

毎月月末になると、電話鑑定で翌月の運勢を占ってもらうのですが、
来月の私のラッキープレイスは映画館なのだそう。
ちょうど来月の一日は映画の日。
久々に映画館に映画を見に行こうと思って調べています。
映画館で観るのなら、単館上映とかのインディーズ映画よりも、
ハリウッド等のアクション大作が好きです。
そういえばスターウォーズの新作がそろそろだったな、とか、
あれこれ見たい映画が出てきたので、しばらく映画館通いになりそうです。

10年使用した給湯器は給湯器交換しないと爆発する可能性がある」結果…。

最近に始まったことではないのですが、
多くの映画館でやっているのは爆発、爆発の連続ものばかり、
確かにスカッと爽快ではあるのですが、
なにやら、これやっとけばいいんだろう的な魂胆が見える時があると
すっかり冷めてしまうので、とりあえず爆発という手法はやめてほしいです。
あと私だけかもしれませんが、これだけ爆発ばかりの映画が多いと、
先日ニュース見た「10年使用した給湯器は交換しないと爆発する可能性がある」
というニュースにも危機感がもてなくなります。
「爆発?ま、死なないだろ?」的な。
とりあえず爆発映画の跋扈は弊害が爆発的に凄いってことで(爆)

上大岡の賃貸探しがあるので、そこ近辺の小さな映画館を物色。

ついに007の最新作スペクターが公開されます。
スターウォーズもあるのですが、
私としては、ダニエル・クレイグが最後といっている007が気になってしまいます。
スペクターとは、007で出てくる最大の敵の名で、
仮にクレイグ版ボンドが最後だとしたら、締めとしては良い舞台ともいえます。
先回、都内の映画館で映画を見ていたらとんでもない嫌な目にあったので、
今回はパンフレットだけ先に入手して、郊外で見ようと思っています。
上大岡の賃貸探しがあるので、そこ近辺の小さな映画館を物色してみるつもりです。
ほんと都内で見る映画ほどお金の無駄はありませんよ。

ウェルカムボードに支配人のセンスがあらわれる

年に数回は3本の映画をはしごする映画デーを設けている私ですが、
先日は見たい映画が3本まとまったので1日映画デーとしました。
椅子の座り心地の良いお気に入りの映画館でのイベント企画で
時間配分もちょうどよく疲れず映画を楽しめました。
ここの支配人さんはとてもセンスが良いですし、
こういったイベントは長く続けて欲しいですね。
そうそう、ウェルカムボードも企画ごとに楽しみにしています。
写真を撮っていいか確認してみますね。