東大生に家庭教師の個人契約をお願いした

小さい頃から映画好きな親の影響で、映画ばかりを見てきました。
中学生になると一人で映画館に通うようになり、
将来は映画に関する仕事に就職したいと考えるようになりました。
しかし映画にばかり夢中になっていたため、学校の勉強がおろそかになってしまい、
気づけば成績は後ろから数えたほうが早いような順位になってしまいました。
親からは映画関係の仕事に就くにしても、
高校や大学は卒業しておいたほうが良いと言われたので、真剣に勉強に取り組むことにしました。
しかし自分だけで勉強するには限界があるので
東大生に家庭教師の個人契約をお願いすることにしました。
家庭教師の先生は頭が良いだけでなく、教え方も上手で、
自分でもびっくりするくらい成績が上がりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です